WordPressプラグイン「WP Clean Up」を日本語化する方法

この記事を最後まで読むのに必要な時間は約1分22秒です

WordPressでサイトを運営していくと溜まっていくのが、古いリビジョンデーターやダッシュボードの一時ファイル等の「不要ファイル」です。

不要と分かっているなら削除したい…ということでその不要ファイルの削除をしてくれる「WP Clean Up」というWordPressプラグインがあります。

amarecco0153

amarecco0154

そのWP Clean Upなのですが、プラグインの言語が英語なので、英語がわからない人にとっては扱いにくい!

ということで今回は、WP Clean Upを日本語化させる方法をご紹介します!

スポンサーリンク

STEP1 – 日本語化ファイルをダウンロード

まずは日本語化ファイルをダウンロード

download

※この日本語化ファイルは全て自分で翻訳して作ったものなので、もしかしたら表現がおかしい部分があるかもしれません。そこら辺は許してくれるとありがたいです(´・ω・`)

また、翻訳に関してはこちらの記事を参考にさせていただきました。

ダウンロードできたらSTEP1は完了です

STEP2 – 日本語化ファイルをサーバーにアップロード

次に、先程ダウンロードしたファイルを、WordPressを動かしているサーバーにアップロードします。

アップロードする場所は、

WordPressのルートディレクトリ/wp-content/plugins/wp-clean-up/lang

の中です。

つまり、

amarecco0151

こうなります。

動作確認

日本語化ファイルの導入が完了したら動作確認をしましょう。

amarecco0151

ダッシュボードの設定からWP Clean Upの項目を開きます。

wp_clean_up_ja

こんな感じで至る所が日本語化されてたら成功です!

おわりに

プラグインの日本語化作業というものを今回初めてやってみました。

方法としては、プラグインのpoファイルをテキストエディターで全て日本語に編集して、Poeditというソフトを使ってpoファイルからmoファイルにコンパイル、という感じです…

初めてにしては結構スムーズにできた感じです。作業時間としては10~15分ぐらいだったと思います。皆さんも、機会があればやってみてはどうでしょうか?