【メッシュWi-Fi】ASUSのAiMesh対応無線LANルーターを使ってみた!

それは昨年の12月のクリスマスちょっと前。突然そのメールはやってきた。

Twitterで見かけたキャンペーンに応募していたものが当選した。

到着した。ということで早速レビュー!

そもそもAiMeshとは何なのか

公式サイトによると、

AiMeshは、複数のASUS Wi-Fiルーターを繋ぎ合わせて家庭内の隅々までWi-Fiネットワークを構築し、最適な電波を提供する最新機能です。ASUS Wi-Fiルーターを柔軟に、そして最大限に活用できる強力なツールとなります。AiMeshでは、ネットワーク内に異なるモデルのASUSルーターを混在させることができるので、すでにお持ちのASUS Wi-Fiルーターをご活用いただけます。また、すべてのAiMeshルーターの制御ができ、シームレスなローミング技術によって、ネットワークを切り替える必要もありません。AiMeshは、信頼と柔軟性を持ち合わせたWi-Fiネットワークです。

https://www.asus.com/jp/AiMesh/

とのことです。端的にいうと、よくある無線LANルーターの中継機能の上位互換”みたいなもの”である「メッシュWi-Fi」という技術を更に強化したものがAiMeshということなんです。

最近ではASUS AiMesh 対応ルーターにメッシュ Wi-Fi ルーター ASUS Lyraシリーズが加わったそうです。

※ちなみに通常の無線LANルーターの中継機能とメッシュWi-Fiの仕組みは結構違います。このページの解説がわかりやすかったです。

表を見ての通り、「一般的なメッシュWi-Fiシステム」と「一般的なWi-Fiルーター」の長所を詰め込んだのがAiMeshシステムです。今回はこの長所6項目をなぞらえながらレビューしていきます。

ASUSもAiMeshシステムに短所は無いという強気っぷりです。期待が高まりますね。

実際に使ってみる

簡単設定

まずはこんな感じで本体に電源ケーブルと、WANポートにLANケーブルを差し込みます。

これまで国内メーカーのWi-Fiルーターしか使ってこなかったので、てっきりSSIDやパスワードは最初から設定されているものだと思っていましたが、違いました。確かにプリセットされている設定を使うよりも自分で決めたほうがセキュリティ性の向上に繋がります。しかし、機械に疎い人にとってはここで少々躓くこともあるでしょう。ここは意見が分かれるところではあると思います。個人的には自分で設定する方式のほうが好みですが。

AiMeshノードの方も電源を入れていざセットアップ!と行きたかったのですが、何故かAiMeshノードとして検出されない不具合が。初期化しても無理だし、FW更新しても無理だし…としかたないのでキャンペーン事務局の方に報告したら代替品を送っていただけることに。

なので一時はこんな状態になりました。なんとリッチなっ

新しく送られた来た方はすんなりとペアリングすることができました。双方の電源を入れて、AiMeshルーターの方から検索をかけてペアリングさせたいAiMeshノードを選択すれば勝手に設定してくれます。超簡単です。

詳しい設定方法はこちらから

シームレスなローミング

AiMeshノードは2階に設置したのですが、2階に移動すると自動的にiPhoneの接続がAiMeshノードへの接続に切り替わっているのがわかります。ちょっとでもAiMeshルーターとの接続強度が弱まると、自動的にノードに接続を切り替えるという、その精度に感心しました。「さすがAiMesh」と思わず言いたくなります。

広範囲な通信

何を持って広範囲と言うか、ということになりますが、これに関しては正直言うと、自分の環境では、元々使っていたWi-Fiの環境とあまり変わりませんでした。(親機WSR-2533DHPL・中継機WZR-1750DHP2)

普段遣いではもちろん問題ありませんが、2階の隅の部屋へ行くとWi-Fiのアンテナマークが2つになるのも元と変わりませんでしたし、なんかこう広範囲な通信という謳い文句があったので、少し期待していたのは確かです。

もう一度言いますが、普通に使う分には全く問題ありません。ただ「広範囲な通信」というのに過度な期待をし、極端に離れた場所までAiMeshシステムを張るようなことをするなら少し考え直してみたほうが良いという話です。極端な話ですが。

強力なパフォーマンス

これも何のパフォーマンスなのかというのが明確ではありませんが、RT-AC88Uに関しては1.4Ghzのデュアルコアプロセッサーや512MBのRAM、NitroQAM搭載(ストリーミングの技術かな?)、LANポート8つ、USBポート2つ搭載などと、個人向けWi-Fiルーターとしてはかなりハイスペックになっています。

通信速度という観点でのパフォーマンスとして見ても、安定して速度が出ていますので、ここも評価できる部分だと思います。(もちろん回線によって速度は変わってきますが)

豊富な機能

確かにルーターには豊富に機能が搭載されていますが(ペアレンタルコントロールからFTPサーバーからもういろいろ)、AiMeshシステムとしてみたときの豊富な機能というのが見当たりませんでした。

パソコンやアプリからの設定

パソコンから設定できるのは今となっては当たり前ですが、アプリから設定できるのが凄いなと思いました。アプリと言っても、大体はアプリ内ブラウザーからルーターにアクセスして設定するという、結局はパソコンから設定しているのと同じようなものだったのですが、「ASUS Router」というアプリを使えばアプリ内から色々なパラメーターをいじることができるのです。

公式紹介ページはこちら

接続中のデバイスやプロセッサー、RAMの使用率、ネットワークトラフィック量のモニタリングからその他設定まで、至る所までアプリ内で完結してます。もう凄いです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。結構正直にレビューさせていただいたつもりです。余談でAiMeshとは別の話になりますが、ASUSのルーターってデザインがかっこいい物が多いのでインテリアとしても良いと思うんですよね。

みなさんもAiMesh、ぜひ一度お試しあれ。