AnkerのLightningケーブルを無償交換した話

高校に進学するともれなくモバイルバッテリーを使う機会がとても増えます。となると、モバイルバッテリーとセットでケーブルも持っていく必要があるのですが、ケーブルなんてしまっておけるのはリュックの狭い空間ぐらいです。その空間の中でケーブルをしまっておくと、どうしても窮屈になってケーブルが折れ、それが断線に繋がることが多々あります。

そのせいなのかは不確かですが、ある時から昨年の秋に購入したAnker PowerLine IIをiPhoneに接続すると、接続/切断を繰り返すようになってしまいました。純正のLightningケーブルを使ってみたところ、問題が収まりましたし、何せ根本を動かすと接続/切断されるのでこれは断線だと思い、早速Ankerのカスタマーサポートに問い合わせました。その結果、ケーブルを無償交換してもらうことができたので、その流れなどをまとめてみました。

ちなみに、Anker製品の保証期間は「18ヶ月」です。無償交換などを依頼する場合は保証期間をまず確認しましょう。

カスタマーサポートに問い合わせる

まず、カスタマーサポートに問い合わせるところから始まるのですが、Ankerの場合は、連絡手段が3つあります。

メール

電話

チャット

この3つです。今回はメールを選びました。

その他詳しい問い合わせ方法についてはAnker公式サイトを御覧ください。

今回はメールでサポートに連絡するわけですが、Ankerは問い合わせフォームに入力していく形式ではなく、自分でメールを送る形式なので、まずはメールの本文を考えます。(メールアドレスは先のリンク先に記載されています)

ということで、こんな感じの内容でひとまずメールを送ってみました。

2017年10月26日にAmazon.co.jpにて、AnkerDirect販売のAnker PowerLine II(1.8m)を購入して使用していたのですが、近頃Lightningコネクター側のケーブルの根本を少し動かしただけで、iPhoneの充電の、切断/接続が繰り返されるようになりました。中のケーブルの断線を疑っているのですが、これは交換保証の対象になりますでしょうか。

Amazon.co.jpの注文番号は「 000-0000000-0000000」です。
確認お願いいたします。
ちなみに、Amazonの注文番号だけで購入履歴の確認が取れるのは、販売元がAnkerの公式だった場合のみです。公式以外で購入した場合は、もう少し手間取ります。
すると翌営業日に、このようなメールが届きました。

お客様

お世話になっております、Ankerカスタマーサポートでございます。
この度は弊社製品をお買い上げ頂きまして誠にありがとうございます。

ご購入いただきました製品「PowerLine II ライトニングUSBケーブル  1.8m ブラック」がうまくご利用できないことでご迷惑をおかけしまして、誠に申し訳ございません。 

恐れ入りますが、同じご利用環境にてお手元の他のケーブルをご利用して頂く場合、充電が問題なく行えますでしょうか。
他のデバイスにて当該ケーブルをご利用頂いても同様の不具合が生じてしまうかご確認頂けますか。

トラブルシューティングを行っていただいても問題が改善しない場合、速やかに交換品をお手配させていただきます。お手数おかけいたしますが、再度ご連絡いただけないでしょうか。

また、各種手配先につきまして、下記の項目をお知らせいただけますでしょうか。

郵便番号:
ご住所:
お名前:
お電話番号:

最後となりますが、こちらの製品の品質をより一層把握できますよう、お手数ですが、S/Nコードをお知らせいただけないでしょうか。
S/Nコードはケーブルに記載ございます英文と数字の組み合わせ、6桁、8桁あるいは12桁のコードとなります。

案の定、他の環境ではどうか等の確認を求められます。

実はケーブルの断線を疑っていたのですが、他のiOS端末で試してみると普通に使えるんですよね。ですが自分のiPhoneで使うとやっぱり不具合が起きます。じゃあ自分のiPhoneが悪いのかというと、純正のLightningケーブルを使えば不具合が起きない。ということはAnkerのLightningケーブルが悪い、という結論に至ります。

このことを正直に書くと面倒くさいことになりそうなので少し躊躇していたのですが、ここは正直に書くことにしました。

純正Lightningケーブルを使うと正常に充電できることを確認しました。
ただ、他のデバイスに、問題のあるPowerLineを接続して充電をしてみたのですが、特に異常もなく充電することができました。
やはりケーブルに問題がある訳ではないのかと思い、再度問題が発生していたデバイスに接続してみたのですが、接続/切断が繰り替えされ、「このアクセサリは使用できない可能性があります」という表示まで出るようになってしまいました。
純正のLightningケーブルで不具合は起こらないので、PowerLineの問題だとは思うのですがこのようなケースでも交換対象になりますでしょうか。
 
各種手配先等について以下の通りお知らせします。
(以下略
正直に現状を述べたメールの内容がこれです。
S/Nコードについては見つけることができなかったため返信しませんでした。
するとまた翌営業日にこのようなメールが届きました。
お世話になっております。Ankerカスタマーサポートでございます。
確認のご協力ありがとうございます。

「他のデバイスに、問題のあるPowerLineを接続して充電をしてみたのですが、特に異常もなく充電することができました。」ことですと
「問題が発生していたデバイス」差し込み口の接触不良の可能性も考えられますが、これ以上お客様のご不便をおかけしないよう今回に限って新品の交換品を手配手配させて頂きます。
交換品は3~4営業日でお届け見込みでございます。
製品がお手元に届きましたら、ご利用状況を教えていただけますと大変幸いです。

弊社では不具合の原因究明と品質改善のため、別便にて返送用封筒をお手配し製品を回収させていただいております。以下内容をご確認のうえ、現品の回収にご協力をお願い申し上げます。

・代替品到着後 2 週間以内に、不具合品のご返送をお願い致します。
・封筒の厚さが3cmを超えないよう、製品本体と付属品を封入願います。製品の外箱は返送不要です。
・封筒上には氏名をご記入のうえ、お近くのポストにご投函をお願い致します。
・不具合品の回収にご協力いただけない場合、不具合品の継続的な使用に起因する損害について、弊社では一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
また、次回以降の交換品手配を承ることができかねますため、何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願い致します。

純正Lightningケーブルを使った場合について言及されて無いのでそこが納得いかないのですが、今回のような少し特殊なケースでも交換に応じてもらうことができました。

交換品が届いた

郵便物が2つ届きます。発送は交換手配メールの翌営業日でした。左側の封筒が、故障品返却用のゆうぱけっとの封筒が入っている封筒(紛らわしい)で、右側が交換品が入っているAmazonの袋です。Amazonの袋は発送が神奈川西郵便局になっていたので、恐らくAmazonの倉庫からそのまま発送してます。そして恐らく左側の封筒はアンカー・ジャパンのオフィスのそばの郵便局から発送してます。余談ですが、左側の封筒の料金後納郵便のところにAnkerのロゴ入ってるのかっこいいですよね。

開封してみました。交換品についてはご丁寧に外箱まで送られてきます。

中身に問題がないことを確認します。

あとは、さっきの画像にあったゆうパケットの袋に、故障品を入れて、自分の宛名を書いて、ポストに投函します。(外箱を一緒に袋に入れる必要はありません)

そして故障品がアンカー・ジャパンの方に到着すると、

お世話になっております、Ankerカスタマーサポートでございます。
弊社に無事不具合品が到着したことをご報告させて頂きます。

この度は不具合品のご返送にご協力いただき誠にありがとうございました。

弊社製品につきましてご不明点等ございましたら、お気軽にご連絡ください。迅速にサポートさせて頂きます。

最後に、大変恐縮ですが、もしよろしければ、○○様に交換品の素敵なご利用体験やご感想をぜひアマゾンカスタマーレビューにご投稿いただけないでしょうか。
ご投稿は弊社にとって最大の励ましとなります。ぜひご協力頂けますと幸いです。

というメールが届きます。これにて交換作業は完了です。

レビュー投稿を促されるので気がある人は投稿してみてはいかがでしょうか。

おわりに

本文中でも言いましたが、今回のような少し特殊なケースでも交換を受け付けてくれるところは流石Ankerだなと思いました。故障しないのが1番ではありますが、こういったカスタマーサポートが充実していると、またそのメーカーの製品を選びたくなりますし、そのメーカーに対する顧客評価が上がるのかもしれませんね。